過去のブログ記事

■熊野お燈まつり

 皆さんは旅行に出かける時、ご当地のグルメや観光スポット、レジャー施設、アミューズメントパークなど予め予習をされてからお出かけになるかと思います。
 その中でも地域の信仰、文化などは、その土地に根付くものは、時代と共に歩み今も尚受け継がれております。
言わばその土地の住む人々の生きざまを垣間見る、知り得る事も旅行に出かける楽しみの一つとなるのではないでしょうか。
 
 この南紀勝浦から車で15分ほど先にある隣町の新宮市では毎年2月6日に行われる御燈祭(おとうまつり
)という和歌山県無形民俗文化財に指定された御祭りがあります。御燈祭の祭礼に参加できるのは男子に限られ、参加者は一週間前から精進潔斎を続けなければならず、精進潔斎の期間中は口にするものも、白飯、かまぼこ、豆腐などの白い食べ物に限られ、斎戒沐浴につとめるとされています。同じく祭りの一週間前には、ゴトビキ岩の注連縄が張り替えられます。祭りの当日、「上り子(あがりこ)」と呼ばれる参加者たちは、白づくめの装束で、白襦袢に白の鉢巻や頭巾、手甲脚絆を着け、腰から腹にかけて荒縄を巻き、五角形の檜板にケズリカケを詰めた松明を手にして、松明には祈願の言葉をしたため、上り子同士で行き会うと挨拶として松明をぶつけ合いながら、熊野速玉大社、阿須賀神社、妙心寺を巡拝し、神倉神社に向かい信仰を深め浄化された火が人々に与えられる儀礼を意味しているとされます。

 
その白装束と資料を当館のライブラリーコーナーに展示致しております。


 2016年に爆発的ヒットを記録したアニメ「君の名は」も地域信仰により謎の現象が主人公たちの運命を左右するお話でした。
是非、この機会に御燈祭をご覧になってはいかがでしょうか。
 心に残る何かが見えるかもしれません。

IMG_1128.JPG

 

■新アミューズメント『カラオケルームしま』が本日より営業開始!!

行こうぜ!!船でしか行けない特別な宿、ホテル中の島潮聞亭企画第1弾!!

 1日1組限定でカラオケルームをご利用できます!!
十八番はもちろん練習中の曲も十二分に練習できます。
是非、この機会に皆さまお誘いあわせの上、ご利用下さい。


 

 


ルーム料金1時間 3000円
飲物は缶ビール、缶酎ハイ、ミネラルウォーター、氷をご用意致しております。
利用時間 20:30~22:30まで

 

IMG_1267.jpg

■第24回まぐろ祭り。

 

寒い毎日が続きますが、この那智勝浦にとっては熱い月がやってきました!!

2018年1月27日(土)午前9時より勝浦地方卸売市場にて「まぐろ祭り」が開催されます。

日本一のまぐろの水揚げを誇る、この那智勝浦本気の一日です。

藤紀流踊り(藤紀和会による踊り。9時40分スタート)やまぐろ一頭造り(紀南調理師会による一頭造り。無料配布あり。10:20スタート)、まぐろ重量当てクイズや地元特産品抽選会(11:20スタート)、もちまき(約2俵分)

各販売サービスコーナーでは生鮮まぐろ即売市や海産物即売市、まぐろ汁無料コーナー、色川茶無料コーナーなどお買いものも楽しいイベントです。

是非、お誘いあわせのうえ、本気熱い一日を体験してみてください♡

 

主催 / まぐろ祭り実行委員会(那智勝浦町観光協会)

img078.jpg

img002.jpg

■平成30年 元旦。

あけましておめでとうございます。

昨年は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も従業員一同、皆さまへの感動をご提供し、よき心、よきものを創造出来るよう日々精進せねばと存じております。

「商売とは感動を与える事である。」また、「10のサービスを受けたら11を返す。その余分の1のプラスがなければ、社会は繁栄していかない。」と、かの松下幸之助も仰っております。

おもいやり、優しさ、心遣いのもと、向上心を持ち、日々努力することで成しえる事であり、それを成しえる為に1日1日、ひとつひとつ、ひたむきに取り組む姿勢が大切なのだと存じます。

わたくしどもは、皆様に感動を与える素晴らしき事に誇りを持ち、これからもたくさんの笑顔を一つでも多くお届け出来ればと存じております。

 

IMG_0942.JPG

 

 

IMG_0952.JPG

 

本年も変わらぬご愛顧を賜ります様、お願い申し上げます。

皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

平成30年 元旦

■2017年、大晦日。

 本年はホテル中の島をみなさまに大変ご高配を賜り、誠にありがとうございます。

たくさんの皆さまのアンケート、励ましのお言葉一つ一つをありがたくも日々精進を重ねばと身が引き締まる思いでございます。

来年も変わらぬご高配を賜ります様、お願い申し上げます。

 

 さて、前回に引き続き、お正月に向けての準備のお話です。

玄関前の「しめ飾り」は一般的に、この家が神様をお迎えする準備が調っていて神様の居場所がある事を示すものです。

近年では核家族の方やマンションにお住いの方が多くなり清浄の印として「輪飾り」とよばれる「門松」に掛ける形式が増えてきました。

 また、「鏡餅」はお迎えした歳神様、その居場所・拠り所としての意味があります。一般的には家の中で一番上座とされる場に飾り、1月11日の「鏡開き」まではそのまま飾ります。

※「門松」と同じ意味で、29日と31日は避けて飾ります。

その後の鏡餅は有り難く食べましょう。

ホテル中の島ではこのように飾っております。

 健やかに実りある一年を皆さまとご一緒にホテル中の島は迎えたく存じております。

IMG_0896.JPGIMG_0893.JPG

IMG_0892.JPGIMG_0902.JPGIMG_0910.JPGIMG_0913.JPG

 

1234567891011
  • お電話でのお問い合わせ・ご予約 0735-52-1111
  • お問い合わせ
  • ご宿泊プラン一覧

PAGE TOP